follow us in feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mizoyu's blog(仮)

22歳男子が自分の趣味から気になる時事ニュースまで偉そうに書いていくブログ

MENU follow us in feedly

上下関係が苦手(部活動の弊害?)

f:id:thisisid:20170416185727g:plain

大学で体育会の部活動に入っていたからか、年上の方と上下関係の元で会話や行動をするのが怖いです。プレッシャーを感じすぎてしまい、そのせいで判断能力が鈍り低レベルのミスを犯すこともあります。プレッシャーを感じない、ナナメの関係なら怖くないのですが、、、。

 

この悩みのせいで行動力が鈍っているように思えます。例えば内容が伝われば十分なメール、電話をするだけでも使用する言葉の準備などに無駄な時間をかけてしまいます。

 

結局のところ、年上の方にどう評価されるのか気になっているだけという話なのでしょうか。一般的に歳を重ねるほど様々な経験から教訓を得やすいことから、20歳前後の人間が40,50歳の判断や評価を気にするというのは合理的だと考えられます。そこに非合理性があるとすれば、どんどん変化する時代に40,50歳の方の価値観がついて行かず、若者はその時代のネイティブであるということだと思います。

 

しかし僕と同年代で既に社会で活躍している人もいるわけで、自分の価値判断能力が十分に鍛えられていれば、誰にどう評価されようがブレずに行動できるように思えます。その能力を鍛えるためにトライ&エラーを繰り返さないといけないとすれば、勇気を持って自分の判断に従ってどんどん行動することが必要なのかな。おわり!

 

 

mizoyu.hatenablog.com

 

mizoyu.hatenablog.com

 

 

結局、行動しないと何も理解できない

f:id:thisisid:20170415010430p:plain

僕は主要メディアの記事や専門家等の解説を読み、紛争や難民問題など世界で何が起こっているのかチェックするよう心がけています。

そこで最近思うのは、ただ座って情報を得るだけでは何も理解できないのかなということです。(僕が理解できない言い訳になりますが、、、)

 

シリアの紛争は7年目に突入し、465,000人以上のシリア人が戦いの中で殺され、1,000,000人以上が負傷し12,000,000人以上のシリア人が住む場所を追われた。

-Syria's civil war explained from the beginning | News | Al Jazeeraから和訳

 

文字だけを見てそれがどれだけの事態なのか理解するのはとても難しいです。このたった数行の文章が何を意味しているのか、住む場所を追われるということはどういうことなのか、ゼロの数が1つ増えることが現実で何を意味するのか、僕は理解できていません。強いて言うなら、僕は「分かった気分」になるだけです。その「分かった気分」の中にはリアリティがないのです。なので注意しないと、思考が現実とは違った方向に進んでいってしまうような気がします。

 

「分かった気分」から「理解」に変えていくには、とにかく行動することが必要なのかなと思います。行動して、例えば文字空間でゼロが一つ増えることが何を意味するのかを現実の世界で実感していくといった作業を積み重ねていく。そうすることで文字と現実をリンクさせる(イメージする)力が身につき、日々頭の中に入ってくる情報を「理解」できるようになっていくと考えます。

 

最近頭でっかちになってるなと実感していたので、今日からどんどん行動していくようにします。おわり!

 

 

mizoyu.hatenablog.com

mizoyu.hatenablog.com

 

ツイッターで見かけたガザの写真がエモすぎる

 ツイッターパレスチナ情報共同デスクさん(@palinfo_jp)がリツイートしていた写真が美しすぎたので。

 ガザ地区の写真のようですが、子供のいる場所に広大さを感じることができ、それがスゴくエモい。

 

mizoyu.hatenablog.com

mizoyu.hatenablog.com

 

アサド政権について自分なりの考えを書いてみる

シリアのアサド政権軍が反体制派地域イドリブ県のハーン・シャイフーンで化学兵器を使用し多数の市民の命を奪ったとして、アメリカがアサド政権下のシャイラート空軍基地を巡航ミサイルで攻撃したことで、日本でもシリア情勢に注目が集まっているなと感じています。

僕は完全な素人ですが以前からシリア情勢に関心があり、確か2016年8月頃からから情勢に関するニュースを確認する習慣を持っているのですが、プロパガンダが大量に湧いてるらしく専門家でも言ってることがバラバラであったりするので、なにが正しく何が間違っているのかよく分からない状況です。

おそらく内戦開始時やそれ以前からシリアをウォッチしてきた人なら、時系列順に情報を得ることができ、プロパガンダがいつどこから湧いたとかも確認しながら情勢を追うことができると思うのですが、最近になって情勢を理解したいと思い勉強を始める人は、情報の洪水をかき分けていく必要があり、それはとても難しいことだと思います。

 ただ僕が8~9か月ほど情勢の情報や有識者の分析記事を読んでいて気付いたことがあって、それは、シリア情勢で一番重要な「ものの見方の物差し」はアサド政権に対する認識だということです。アサド政権を虐殺者と見れば「アレッポは陥落した」と表現し、解放者と見れば「アレッポはliberate(解放)され平和になった」と表現することになります。

 そこでこの記事では、アサド政権がどういう政権であるかということについて、自分なりの考えをまとめることにします。加害者の味方をしたくないので、間違ったこと書いていたら指摘していただけると助かります。

 

アサド大統領の主張

news.tbs.co.jp

まずTBSが2017年1月17日に行ったアサド大統領へのインタビュー動画です。このインタビューは結構非難されてたと思いますが、アサドの主張を知るためには良い材料ですよね。

アレッポなどでシリア軍やロシア軍が住宅街や病院を空爆したことに関して

「一般市民のためにと叫ぶ人たちはシリアやロシアが一般市民を殺しているとの一片の証拠でも提出したのか」

「道徳的に政府が自国民を殺すことがありえるのか」

「我々がここ(ダマスカス)にいるのは国民の支持があるからだ」

と主張しています。

 国境なき医師団のアサド政権への無差別爆撃停止要求

www.msf.or.jp

この国境なき医師団の記事の内容は、アサド政権とその同盟軍がアレッポで民間人に対する爆撃や病院への空爆を行っているとしてそれを非難し停止を求めるものです。SNS上で一般市民やジャーナリストによる空爆等の映像が大量に出回っていたので、信憑性はかなり高いと考えています。

 アルジャジーラが、空爆にあったアレッポの病院内での映像を公開しています。見るのが辛い内容ですが一応。

www.aljazeera.com

アムネスティの報告①

www.amnestyusa.org

2011年3月に危機が始まってから、シリアの複数の刑務所で非人間的な環境と拷問により17000人が亡くなったという報告が、国際的な人権NGOアムネスティによって2016年8月にされています。

アムネスティの報告②

www.telegraph.co.uk

2011年から2015年までダマスカス近郊のSaydnaya軍事刑務所で13000人が絞首刑にされたという内容をアムネスティが2017年2月に報告し、テレグラフが報告内容を映像化しています。

A previous report published in August 2016, for which Amnesty International partnered with a team of specialists at Forensic Architecture, University of Goldsmiths to create a virtual 3D reconstruction of Saydnaya prison, estimated that more than 17,000 people have died in prisons across Syria as a result of the inhuman conditions and torture since the Syrian crisis began in 2011. This figure does not include the estimated 13,000 additional deaths as a result of the extrajudicial executions exposed in this report.

-Human slaughterhouse: Mass hangings and extermination at Saydnaya prison, Syria | Amnesty International USA から引用

 この引用文にある通り、シリアの複数の刑務所で非人間的な環境と拷問により17000人が亡くなったという2016年8月の報告とは別に、13000人が司法手続きによらずに処刑されたという報告です。

 アサド政権(とロシア)の主張の信憑性は低いと思う

「道徳的に政府が自国民を殺すことがありえるのか」と主張するアサド大統領ですが、信頼できるNGOのレポートや現地からの情報など多数の報告から、主張の信憑性は低いなと僕は考えています。また、アサド政権と共に空爆をするロシアの主張も怪しいと感じます。例えばスプートニクがBanaちゃんを英国情報機関のプロパガンダだと主張する記事も、証拠にならないようなことを書いてるだけのもので、ますます信用できないなと考えています。

 今回のアサド政権の化学兵器使用(疑惑)に関しても「反体制派の化学工場があった」と主張したようですが、反体制派が製造するには複雑すぎ、高価すぎるようです。また化学兵器専門家の方曰くシリアにおいてはサリンは使用の数時間、多くとも一日前に2つのより安定な物質を合成して作る必要があるため工場を空爆しても出てこないようです。(Syria chemical weapons attack: what we know about deadly air raid | World news | The Guardianから)opcwの調査でサリンが確定すれば、アサド政権の仕業だと考えていいのかなと勝手に思っています。調査ってどれくらい時間がかかるのでしょうか。

アサド政権は虐殺者か

内戦で既に30万人以上が亡くなっていて、素人が簡単に考えを述べてはいけないなと思いつつも書かせてもらいますと、アサド政権がやってることは虐殺にほかならないなと考えてます。シリア人権監視団の統計によれば民間人殺戮の大多数がアサド政権軍によるものであるからです。シリア人権監視団は反体制派だから偏ってるかも、という考え方はありますが、以下の引用ツイート

 にあるように、世界の主要メディアはこの統計をよく使うので、一番信頼ある情報として考えています。今度ホームページちゃんと読んでみます。

 

ここまで書いて、自分の理解は浅いなと改めて思いました、、、。もっとちゃんと理解したいな。

f:id:thisisid:20170411205710j:plain

 

  

mizoyu.hatenablog.com

 

mizoyu.hatenablog.com

mizoyu.hatenablog.com


 

僕が青年海外協力隊に応募した経緯

 

まだ協力隊活動始まってもいないのにこんな偉そうなこと書いていいのだろうか、、、(^ ^)笑 

けど忘れる前に書きます。

 

僕は大学の部活動で主将をやってました。その経験からホントに重要なことをいくつか学び、また、考える力や想像する力を鍛えることもできました。

そういった力が身についてきたのは大学3年生の終わり頃、2016年2月〜3月で、そこからは、今までは耳にしても聞き流していたニュースなどの情報に関して、色々と想像したり考えるようになりました。

 

そのころヨーロッパでは移民難民問題が深刻化していて、地中海を渡ろうとした移民や難民の方(子供含む)が溺死するなど理不尽なニュースがたくさん耳に入ってきました。

f:id:thisisid:20170410145354j:plain

jp.wsj.com

www.cnn.co.jp

恥ずかしながら今までそういったニュースを聞き流していた僕は、大学4年になる頃にやっとその残酷さや理不尽さをイメージし考えるようになりました。

 

何か自分にできることはないか

 

を考えるようになりました。

その結果まず国際協力の世界に飛び込んでみようと考え、NGO等のセミナーやシンポジウム等で出会った元青年海外協力隊員の方々からも影響を受けた結果、協力隊に参加することを決めました。

 

以上が応募した経緯です。

 

協力隊員として、タンザニアの中等学校で教師として2年間活動することになっています。頑張るぞ。

 

関連記事 

mizoyu.hatenablog.com

 

花粉症治ったかもしれない

f:id:thisisid:20170409025758j:image

 

お題「花粉症」

 

僕は花粉症持ちで昨年まで毎年春は苦しみを味わっていたのですが

なんと今年はほとんど症状がでてません!!👏👏👏

 

花粉症って治るんですかね?

それとも今年の飛散量が例年より低めだったのかな?

いやぁ症状がでないとここまで快適なんですね。春って素晴らしい。

 

クラシックに興味がある方必見!おすすめピアノ名曲まとめ

f:id:thisisid:20170407010320p:plain

僕はクラシック音楽だけではなく、popsやhip-hopを聴くのも大好きです。普通にKendrick LamarやKanye west聴きます。

ただ様々なジャンルの中でもクラシック音楽って一番人間の体温にあった音楽の一つだなと思うんですよね。聴いてて一番心地いいかも。

クラシック、おすすめです!

 

そこで今回は、

興味あるけどクラシックって難しそう...

という方向けに、聞いて即ハマれるピアノ曲を選んでみました(^^)

 

[目次]

 

ショパン作曲 別れの曲


Chopin Etude Op 10 No.3 Valentina Lisitsa

おそらくこの曲のフレーズを聴いたことのある方いらっしゃるかと思います。別れの曲はショパンの練習曲集の内の一曲です。美しすぎる練習曲です😭

 

ショパン作曲 英雄ポロネーズ


[HD] 仲道郁代 英雄ポロネーズ Chopin Heroic Polonaise Op. 53

とにかくカッコイイ曲!この曲を今まで何回リピートしたか数え切れません!(笑)

中盤からの左手(オクターブ連打)が難しいです。

 

ドビュッシー作曲 喜びの島


Marc-André Hamelin- Claude Debussy L'isle Joyeuse

この曲はドラマ「のだめカンタービレ」で主人公ののだめが弾いていたと思います。華麗さと甘さがあって、しかもダイナミックな曲です。(こんな偉そうに語っていいのかな...)

 

ドビュッシー作曲 月の光


Debussy:"Clair de lune" ドビュッシー:月の光 Pf.高木早苗

この曲は僕の母が好きなんです。月の光という曲名の通り、ギラギラし過ぎず質素な印象を受ける曲です。

 

リスト作曲 愛の夢第三番


Evgeny Kissin Liebestraum No. 3 in A-flat Major

 主題が素敵です。僕昔これ弾けました(自慢)

 

リスト作曲 ラ・カンパネラ


Evgeny Kissin - La Campanella (Liszt)

リストの曲の中で一番有名かもです。とにかくカッコイイ、超絶技巧系の曲です。中学生の時この曲を狂ったように聴きまくっていました。

 

ラヴェル作曲 水の戯れ


Martha Argerich,Ravel Jeux d'eau

これより美しい曲ってあるんでしょうか(ない) 

 

ラヴェル作曲 亡き王女のためのパヴァーヌ


Sviatoslav Richter plays Ravel "Pavane"

この記事で挙げた曲の中で一番おすすめしたい曲です。聴いたら涙がでます。

 

 

以上! 最後まで見ていただきありがとうございます。👍

おすすめクラシックピアノ名曲まとめでした(^ ^) 

 

 

関連記事

mizoyu.hatenablog.com

 

 

follow us in feedly